子供の時 川で、海で、山で、魚や虫たちから 学んだこと
      親子で磯遊び、子供たちと小さな生き物たちと会話してみませんか?
     ヤドカリたちから学ぶ
 

 << 新規の方は、登録へ >>
 ただ今 配信をしておりません
  主にヤドカリ(拉致)水槽を配信
  配信中は、クリックでみれます
 ◆ アクアリウム辞典 検索
 
 
 検索 Option カテゴリー選択
 
 検索 Option ハイライト選択
 
 ◆ 辞典カテゴリー別一覧表示
 ◆アクアリウム辞典
     新着&訂正・追記(10件)
 --- N e w ----------------
  1 マメコブシガニ 【豆拳蟹】
  2 タコノマクラ スカシカ ・・・
  3 イソカニダマシ 【磯蟹 ・・・
  4 ギンユゴイ 【銀湯鯉】
  5 シマスズメダイ 【縞雀鯛】
  6 アラムシロガイ 【粗筵貝】
  7 オニオコゼ 【鬼鰧 ・・・
  8 クエ 【九絵】
  9 ニオガイ 【鳰貝】
  10 生物化学的酸素要求量  ・・・
 --- Correct Postscript --
  1 カエルウオ 【蛙魚】
  2 メバルの三種 【眼張】
  3 歯舌(しぜつ) 【ling ・・・
  4 カミナリベラ 【雷倍良】
  5 ミミズハゼ 【蚯蚓櫨】
  6 テンジクスズメダイ 【 ・・・
  7 クモハゼ 【雲沙魚】
  8 ナベカ 【那辺加】
  9 イソギンポ 【磯銀宝】
  10 イソスジエビ 【磯条海老】
 -------------------------
クラゲ
Size 10
Mov 10


AQUA DEPOT


〜熱き魚達を求めて〜
Top About Tool Help Link
News Now Preparing Video Game Mail
Dictionary Index Column Index How to Aqua Index Photo BBS Administer
ミドリイソギンチャク 【緑磯巾着】
 注 意 .  わかり安さに重点を置いています。
 学術的には,適切でない表現もあり
 誤解を招く事が考えられます。

概要 胴体の部分が緑色をしているところからミドリの名がついている。
2017/09/15(作成)-2017/09/15(最終訂正)
拡大してみる◆磯で見たことない人は、少ないはず。海水中では、触手を伸ばし花のように見えますが、動物です。とうぜん 移動もします。

◆本等では、魚を捕まえている写真がよく載っていますが、よほど弱った魚でないと捕食できないようです。餌は波が運んでくる生物の「かけら」です。 自然界では移動や運動をする事は少なく、その上体温を維持する必要もないので、頻繁に餌をとらなくとも生きていける。飼育下では初めのうちは、居心地が良い所を見つけるまで動き回る。
 
拡大してみる◆写真(上)は、我が家の水槽に来て一週間たった個体。触手がピンク色ですが、下写真のように肌色の触手も多い。他に触手が、白もいるので紅白そろえても楽しそうですね。
 また、薄い黄色の触手に見えるものが春先にいますが、水温が上がるころになると先端がピンクのものに変わるようです。

◆非常に飼育が簡単なイソギンチャクで、我が家でも金魚セットの水槽でもう4年以上飼育しています。

採集(拉致)・飼育について

◆餌は、数日に一回でよい。
何でもよく食べて、アサリ貝もひとつ位なら殻ごと食べてしまい、後で貝殻を吐き出す。
他にしらす干、煮干、魚やイカなどの刺身、市販の魚用の飼料などでもよい。
毎日与えてもいいが、巨大化するので小さな水槽で飼育する場合は注意。

◆飼育下では、居心地が良い所を見つけるまで動き回ります。あまり動いてほしくない時は、石などで囲っておきその中に納まるように仕向けます。

◆イソギンチャク同士は、喧嘩します。必ず、距離を置いて水槽内に配置しましょう。

◆コップのような小さい容器でも飼育可能。ただし水換は、まめに行い 特に、餌を与えた後には、必ず行う必要がある。

◆時々粘膜のようなものがはげますが、それもスポイトなどで取るだけで良いです。

◆周期的に触手を引っ込めて何日も休んでしまうことがある。水槽飼育だからそうなるのかもしれない。自然界では、潮だまりで水温が上がると休眠し、満潮になり新しい海水が流れ込むと触手を開くが、変化の少ない水槽では、誤解して眠り?ぱなしになるかもしれない。 そのままだと不安な場合は、数日後に刺激してみてはどうでしょう。水換えの時に30分程度水を入れずにおいて擬似干潮にするか、先丸いマドラーなどの先でやさしくさする等の刺激でしばらくしたら元気に触手を開くことがあります。

◆管理水温
  冬場は、最低12℃で それ以下に下がると縮みまるくなり開きません。
  夏場は、最高30℃で 潮だまりにも居るために高温には、強いが飼育水が
    悪くなりやすいので夏場は、水質の管理を怠らないように。

----メモ----
しらす干・クリル・アサリ・刺身など数日に1回
分類 磯巾着目ウメボシイソギンチャク
学名 Anthopleura midori
和名ミドリイソギンチャク【緑磯巾着】

  - to Page Top -修正 管理者のみ  
- CGI; Produced by APL. -
館長の パコ です。よろしくね
館長の天敵? モラ(Mola)です。よろしくね